【お知らせ】アノイナの記事を執筆するライター募集中!

【休業中】高山市の洋食レストラン「トワメゾン」飛騨牛・飛騨豚・飛騨地鶏がランチでも楽しめる



※2024年1月現在休業中です。再開情報については店舗SNSをご確認ください。
2023年10月18日にオープンした高山市花里町の「洋食屋 トワメゾン」。高山市の老舗飛騨牛レストラン「キッチン飛騨」さんの2号店でもあるこちらのお店では、地元の食材を使った本格的な洋食がリーズナブルなお値段でいただけます。

高山駅乗鞍口から徒歩3分!地元の旬の味が堪能できるおしゃれなお店

高山駅から広小路通を高山郵便局(本局)方面に歩くと左手に見えてくるお店、「トワメゾン」と書かれたかわいいフライパンの看板が目印です。トワメゾンとはフランス語で「あなたの家」という意味だそうです。


店内に入ると、まずはどーんと広がる大きなカウンター!こちらでは、料理が出来上がっていく様子を見ながら、食事を楽しむことができます。カウンターの後ろには4人掛けのテーブルも2つあるので、グループやご家族での利用もできますね。

落ち着いた雰囲気の店内なので、デートやお友だちとのお食事にもぴったりです。もちろん、一人でも気軽に入れます。

気になるランチは飛騨豚や飛騨地鶏、高原野菜など地元食材にこだわった本格的な洋食!


ランチセットは「ボーノポークのソテー」と「飛騨地鶏のパン粉焼き」から選べます。メインのほかにスープ、サラダ、パンorライス、デザートにコーヒーもついてお得!ランチの他には飛騨牛のハンバーグやシチュー、ステーキなどもあります。また、オムライスや魚料理など、お肉メインではないメニューもありました。

※メニューと価格は全て2023年10月のものです。今後変更の可能性もありますので詳細は店舗にお問合せください。



今日はランチセットのボーノポークソテーをチョイス。お料理は一品ずつ提供されます。まずは「白菜とクスクスのスープ」。寒かったこの日、アツアツのスープで身体が芯から温まりました。温かいものは心までほっこりしますよね。

メインの「ボーノポークのソテー粒マスタード添え」。奥様から「最初はソースをつけないでどうぞ」と。なるほど、豚肉の味がしっかりして美味しい!分厚いお肉なのに、表面はカリカリで中はしっとり柔らかく、とてもおいしかったです。地元野菜のサラダも新鮮でパリパリシャキシャキ。

食後のデザートはリンゴのシャーベット。中には刻んだリンゴも入っていて、なめらかな中に歯ごたえも。キウイのソースがかかっています。

ランチだけでなくディナーも楽しめます

ランチタイムは11:30から14:00(ラストオーダー)。ディナーも人気で17:00から19:30(ラストオーダー)までやっています。友だちとのカジュアルなランチにも、特別な日を大切な人と過ごす夜にもぴったりです。

地元食材をふんだんに使った絶品料理をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

【洋食屋 トワメゾン
※2024年1月現在休業中です。再開情報については店舗SNSをご確認ください。
■住所 高山市花里町5丁目4番地
■電話 0577-32-5406
■定休日 月曜日夜・火曜日
■営業時間 11:30~14:00(L.O)/17:00~19:30(L.O)
Instagram
※メニュー、営業日、営業時間などが掲載情報とは異なる場合があります。詳しくは店舗へ直接お問合せください。

【掲載情報の修正や変更をご希望の、店舗運営者様・スタッフ様へ】
掲載内容に不備や間違いがある場合、お手数ですがこちらまでご連絡ください。anoina,編集部にて対応させていただきます

ABOUT US
ふるた ゆり
飛騨市出身の2児の母です。 飛騨地域の魅力を発掘中。