【お知らせ】新しく開店したお店の情報を募集中です!

高山市松倉エリアに、築約100年の古民家をリノベーションしたレストランがオープン- 飛騨の風土が育む恵みをまっすぐに届けたい

「このお店は自分たちの好きなものでできているんです」

そうお話になるのは直井絵梨子さん。夫でオーナーシェフの良平さんとともに飛騨高山松倉エリア飛騨の里通りの古民家をリノベーションしてオープンした「FuDO」(ふうど)で、シェフ・パティシエを務められています。

オープンしてまだ半月ながらすでに大人気のFuDOさん。ランチとディナーの合間を縫ってお邪魔させていただいて、仕込み中の良平さんの様子を拝見しながら、絵子さんからお話を伺いました。

オーナーシェフ直井良平さん

古き良きものをつないでいきたい

━━ お二人は地元のご出身ですか?

はい。二人とも高山出身です。夫は京都のイタリア料理などでも働いていて、高山に帰ってきてからはホテルやイタリア料理店のお店で料理の仕事をしていました。私もホテルで調理の仕事をしていましたが、子どもが生まれてからは保育園で調理や食育の仕事をしていました。

「いつかは自分たちのお店をやりたいね」とずっと話していて、お店を開くのは二人の長年の夢でした。

シェフ・パティシエ 直井絵梨子さん

外から見たFuDOさん。
もともと飛騨市河合村にあった築約100年の民家で、ダムができるのに伴ってこちらに移築されてきたそう。
以前は一位一刀彫りの職人さんの住まい・仕事場だったそうです。

━━ 古民家を活用されているということで、とてもすてきです。もともと古民家を探していらっしゃったんですか?

私自身アンティークや骨董などがすごく好きで、「古き良きものを次の世代につないでいきたい」という想いがあって。そういうことが実現できるような場所を探していました。

最初にこの物件に出会った時は予算に合わなくて、一度諦めてるんです。他の方の手に渡りそうになっていたんですが、その後幸運なことにまたチャンスが巡ってきて。思い切って購入を決め、4年ほど前に引っ越して住んでいました。

その後コロナ禍もあったりして様子を見ていて、今年2022年の1月からお店の工事を始めて、2022年5月31日にオープンしました。

━━ 古民家と聞いて和の雰囲気を想像していましたが、和と洋が混ざり合った素敵な空間ですね。

ありがとうございます。日本のものに限らずイギリスやフランスなどのヨーロッパのアンティークも好きで以前から集めていました。そういった洋のものと、実家で昔から使っていたものや知り合いから譲ってもらった和のものをミックスして、空間に落とし込んでいます。

バーカウンターから外を望むエリア。ガラスの花器と緑がさわやかに空間を彩ります。

この家は築100年以上経っているのですが、梁(はり)や柱に昔の大工さんならではの素晴らしいお仕事が感じられます。今でははなかなか触れることができない、昔のひとたちの素晴らしい仕事からうまれたものたちを、お店に来てくれるみなさんに見て、感じてもらえたらと思っています。

什器や家具や小物は、各地で買い集めたり譲り受けたりしたもの。
年月を重ねた風合いが柔らかで心地よい空間を作り出しています。
小上がりのテーブル席。座布団はカーテンの残り地からつくられたものだそう。
ミニ菜園と水車を望むテーブル席は2卓。カーペットは下呂のお店からやってきたお気に入りのものだそう。
テーブル席はこの他にも4名席半個室が1つあります。

飛騨の風土が育む豊かさに抱かれて

━━ FuDOという名前にはどういう意味をこめられたのですか?

”この地域独特の環境(風土)の中で育まれ地域に根付いている「地のもの」を中心に、その時に出したい食材を、シンプルにリーズナブルに提供したい”。わたしたちの軸になっているその想いに、食べ物の”FOOD”を掛け合わせて、FuDO という名前にしました。uの上に – が載っているのは、その方がふうど(ふにアクセント)の音で読んでいただきやすいかなと思って。このお店自体が地域の風土の一つになるように、この地に根付いて、地元の方に愛される場所になっていけたらと願っています。

正式店名はFuDO(uの上に – が入ります)、ロゴは日本語の風土。すてきです。

━━食材は地元の生産者さんから仕入れられているのですか?

そうですね。今の時期(6月初旬)はまだ地元で採れるものが少ないですが、これから夏に向けていろいろ出てくるので、生産者さんから直接仕入れさせてもらう予定です。産直市場や道の駅でも仕入れています。少しですがハーブ類は家の隣で育てていて、摘んできたものを料理に使ったり、お客さまのテーブルに飾ったりしているんです。自分たちで育てるものも少しづつ広げていきたいですね。

元日本庭園だったところに少しづつハーブなどを育てていらっしゃいます。

━━自分の畑で収穫した新鮮な食材を使ってって、この上なく豊かで、料理人の方がみなさん憧れる形ですよね。そんな季節の地の食材を使ってどんなお料理を提供されているのですか?

11:30からのランチの時間は、お母さん目線でつくる栄養満点の自然派ランチをご用意しています。

具体的には
パスタランチ(1,100円〜):3〜4種類から選べるパスタ・サラダ・ドリンク
まな板ランチ(1,500円):前菜、サラダ、メイン、スープ、雑穀ごはんorフォカッチャ盛り合わせにドリンク、デザートのワンプレートランチ
FuDOお膳ランチ(限定10食。1,860円):前菜、小鉢、サラダ、メイン、ご飯、みそ汁ドリンク、プチデザート。脚付きのお膳でいただけます。
お子様ランチ750円
をご用意しています。イタリアンのお店ですが、お昼はご飯もお出ししています。

まな板ランチ(1,500円)

17:30からのディナータイムはカジュアルなイタリア料理で前菜盛り合わせとサラダ、季節のスープ、選べるパスタ、デザート、ドリンクがセットになったディナーセット(2,600円/人)とアラカルトをご用意しています。

食の時間をどなたにもくつろいで楽しんでもらいたい

━━パスタはグルテンフリーも可能なのですね

はい。FUDOのパスタはご希望に応じてグルテンフリーのパスタに変更が可能です。私自身、小麦で体が不調になることがあったりするので。自分の身体に耳をすませて、うまく置き換えて食を楽しんでもらえたらと思っています。

テイクアウトでお菓子の販売もしているんですが、そのお菓子たちもほぼグルテンフリーで作っています。玄米粉とおからを使って米油で揚げた玄米ドーナツや、米粉のビスコッティなど、一つ一つ手づくりで、「罪悪感の少ないおやつ」を目指しています。

玄米ドーナツは大人気で午前中に売り切れてしまうことも多いとか。
米粉のビスコッティ。しっとり感があって優しい味わいです

━━ どんなお客様がいらっしゃっていますか?

お昼は女性の方が多いですが、男性一人でカウンターでゆっくりして行かれる方もいらっしゃいますよ。もちろんご家族3世代で、という方もいらっしゃるし、いろんな世代の方がいらしていただけていて嬉しいです。
予約制のお店ではないのですが、ありがたいことにオープンしたてのこともあって混み合うことが多いので、お電話で予約をしていらしていただけたらご迷惑をおかけすることもなくありがたいです。

━━ 最後に地元の皆さんへメッセージをお願いします

気取らずリラックスして過ごしていただける空間なので、家に帰ったような気分でくつろいで食事を楽しんでもらえたら嬉しいです。

FuDOのある飛騨高山松倉エリアは、地元の人でもこちらの方には用事がないとなかなかいらっしゃることがないかと思いますが、お客様に「こんないいところあったんやー」、と言ってもらえてとても嬉しいです。

緑豊かで、素敵なお店も増えていてとってもいいエリアなのでぜひ遊びにいらしてください。

FuDO(風土:ふうど)
住所: 阜県高山市西ノ一色町3-936-1
営業時間:ランチ 11:30〜L.O.14:00
ディナー 17:30〜L.O.21:00
定休日: 火曜ディナーと水曜日
tel : 0577-70-1006
SNS : Instagram
駐車場: あり
※お店の裏に6台ほどおける駐車場有。友好の丘駐車場も利用可。
予約: 営業日に電話で受け付け。
※InstagramのDMは気づかないこともあるので受け付けていません。
※予約をしてお出かけいただけると確実で安心です

メニュー一例:(2022年6月17日現在の情報です)
【ランチ】
・パスタランチ1,100円〜(選べるパスタ・サラダ・ドリンク)
・まな板ランチ1,500円(前菜、サラダ、メイン、スープ、雑穀ごはんorフォカッチャ、ドリンク、デザート)
・FuDOお膳ランチ限定10食。1,860円(前菜、小鉢、サラダ、メイン、ご飯、みそ汁、ドリンク、プチデザート)
・お子様ランチ 700円

【ディナー】
・ディナーセット2,600円/人(前菜盛り合わせと本日のサラダ、季節のスープ、選べるパスタ、デザート、ドリンク)
・アラカルト (一例)
地野菜のグリル 800円 / 本日の前菜盛り合わせ 1人前 600円/ ソーセージのオーブン焼き 1,100円/ ボロネーゼ 1,200円/ たらこのクリームパスタ 1,200円/ フリットミスト 1,400円
アクアパッツァ 1,700円/ 長野産アルプス牛のタリアータ 2,300円/ ティラミス 450円 など